mihoppeの日々のこと

くらしの中でのちょっとした出来事や手仕事のこと、身近で起こった不思議なことをつづっています。

Entries

リバーシブル帽子完成

ここ数日、子供たちと私が交互に体調を崩したりしていました。
その間に、アサガオやゴーヤの植え替えをしてみたり、洋服を作る準備をして
いたり、いろいろなことをやってみたりはしていたのですが、子供たちがいると
なかなかPCを開けず更新できませんでした。

今日は先日から中断していた下の子の帽子に取り掛かっていました。→関連記事
仮縫いではサイドクラウンの高さを出してブリム(つば)を少し広くしました。

2010ブログ2 406
それから気になっていたのが↑これです。トップとサイドクラウンを接いだとき
ひきつれてしまっています。サイドクラウン側の寸法を出して、いせ分をとり
ました。

リバーシブルにして片面を手元にあるラミーリネン、もう一方をソレイアードの
パッチワーク風プリント(シーチング)を使用することにしました。
ラミーリネンの方は不織布の接着芯を貼りました。これで結構しっかりするので
シーチングの方は何も貼りません。
2010ブログ2 405
ソレイアードの方はこんな感じで型入れしました。

2010ブログ2 408
クラウンとブリムをそれぞれ作りました。エッジ(つばの先端)の縫い代は5mm
程度にカットしました。

2010ブログ2 407
そして一箇所ひっくり返すための口を残し縫い合わせます。

2010ブログ2 409
ひっくり返して、必要な部分にステッチをかけ口を閉じます。

2010ブログ2 410
ブリムのステッチをかけて完成です。ラミーリネンの方はこんな感じです。
ブリムのステッチはかなり長かった~。帽子を作るって結構大変なんですね。
今までハンチングとか木型を使ったウールのフェルト帽しか作ったことが
なかったので、今回は勉強になりました。

2010ブログ2 411
シーチングのほうはこんな感じです。ピンクの柄がやけに目立ちます。
ピンクを前面に持ってきたのはちょっと失敗だったかな?でもこうやって
仕上げてみると何がよくて何がよくないかが分かりますよね。
サイズの方はちょっと下の子には大きいようです。お兄ちゃんには丁度
いいんですけどね。5歳までかぶれる大きさの帽子を参考にしたので
仕方ないですね。

芯貼りや縫製の参考にした本はコチラです↓
改訂版 大人の夏の帽子 (レディブティックシリーズ no. 3221)改訂版 大人の夏の帽子 (レディブティックシリーズ no. 3221)
(2011/05/24)
不明

商品詳細を見る

芯の貼り方や、縫い代の始末、ステッチのかけ方などが丁寧に説明されていて
初めて帽子を作ろうというときに心強いみかたになりますよ。
エッジにクラフトコード(ワイヤー)を入れてエッジにニュアンスを出す作り方も
載せられています。キゃスケット、キャップ、ハンチング、クロッシェ、
キャプリーヌ他32種類の帽子が作れるようになっていて、パターンがついて
います。パターンは二色で色分けされ、線の上に〇や△などの印がついていて
いちいちマーカーや色鉛筆でなぞらなくても区別がしやすくなっているのが
いいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mihoppe

Author:mihoppe
7才の娘、11才の息子を持つ母です。
ハンドメイド好き。プラス思考で生きるをモットーに介護・仕事・子育てに奮闘中です。

最近の記事

お気に入り

FC2カウンター