mihoppeの日々のこと

くらしの中でのちょっとした出来事や手仕事のこと、身近で起こった不思議なことをつづっています。

Entries

スーツ制作覚書きその1

今回は久しぶりにパーツ数の多い裏地つきのスーツ、途中中断したり、やる気が
出なかったりしていた時期もありましたが、もったいないかあさんの記事
義母が主人のために作ったスーツに励まされ何とか出来上がりました。
あと朝の連ドラ「カーネーション」にも励まされましたね。

やっとスーツが出来上がったわけですけれども、今回気をつけたこと、反省点
など自分なりにちょっとまとめておこうと思います。

かずひさ七五三 022

今回使ったのはこの本です↓
クライ・ムキの子供のフォーマル服―Classic and Elegant (別冊家庭画報)クライ・ムキの子供のフォーマル服―Classic and Elegant (別冊家庭画報)
(2006/10)
クライ・ムキ


商品詳細を見る

上級者というよりも、洋裁をある程度こなしている中級者向けに作られている
気がします。子供服ということもあり、本格的に作りこむ感じではなく、省ける
ところは省いてと言った感じでしょうか。それでも素材の選び方を間違え
なければ十分に満足できるスーツが出来上がります。

私はこの中の男の子のスーツのパターンを使用しました。
それを少しアレンジして、デザイン、仕様などを変えていきました。
<変更箇所>
アウトポケット→箱ポケット(胸)、フラップポケット(両サイド)

<追加箇所>
襟の返り線で上回り分が足りない気がしたので追加。
見返し裾で不足分を追加。
薄い気がしたので表襟にも芯を貼りました。
前端→伸び止めテープの指示がありませんでしたが貼りました。
襟の返り線の奥に貼ったテープの上に星止め(補強)
裏襟、襟越しに増し芯、返り線奥にステッチ(2本)
裏襟表襟がついてラペル奥に星止め
パンツ持ち出しがペラペラしてしまうので、見返しのところにまつりつけ
ボタン裏にちからボタン

本の中でちょっと分かりにくかった点はP.47にパンツの図解があるんですが、
その図の持ち出しの形がおかしかったこと。パターンと明らかに違っています。
あとパターン上でペルトループの位置の指示がなかったこと。これは図を見て
適当につけてくださいということなんでしょうか?だとしたらとても不親切。
きっと指示忘れたんですよね?
あとパンツの副資材にファスナー22㎝、1本とありますが22cmだと長すぎて
格好悪いです。パターンの寸法を測ってファスナーの長さを決めたほうがいい
気がしました。
2010ブログ2 621
残念なことに。長すぎたのでファスナーの下をカットしました。そのままだと
ほつれるのでライターであぶっておきました。溶けて固まります。
3Yの止めファスナーなんかだと、止め具と工具があれば上の方をむしって長さを
変えられるので便利なんですけど、今回は用意がなかったので。


襟のつけ方や袖付けは丁寧に説明されているので、丁寧に指示通り作れば問題
ないのですが、ダーツの処理の仕方やボタンホールの始末の仕方は載っていない
ので、分からない方はその辺の仕方を掲載した本があるといいかもしれません。

今回テープを貼ったのはココです↓
2010ブログ2 593
前端、肩、アームホールは縫い代より内側に貼りました。
こうしておくと伸び防止はもちろん、ミシンをかけるときのガイドラインにも
なるのでよいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mihoppe

Author:mihoppe
7才の娘、11才の息子を持つ母です。
ハンドメイド好き。プラス思考で生きるをモットーに介護・仕事・子育てに奮闘中です。

最近の記事

お気に入り

FC2カウンター