mihoppeの日々のこと

くらしの中でのちょっとした出来事や手仕事のこと、身近で起こった不思議なことをつづっています。

Entries

ESSE 10月号

色とりどりの花が咲きました。
RIMG0049.jpg
緑があるっていうのはいいものですね。
次はどんな色の花が咲くのかな~というのもちょっと楽しみです。

昨日はESSE10月号の発売日でした。

早速買ってきました。
CHAT!CHAT!のコーナーに私の記事が掲載されるということだったのですが
何が採用されたのか分らず、ちょっとドキドキしていました。
そしたら、川柳のコーナーで採用されていましたよ
お兄ちゃんが自転車に乗って、朝夕構わずご近所にお邪魔しているのでちょっと
困っていました。そのことを川柳にしました。

以前は行ったきり帰ってこないので、迎えに行っていましたが、最近は時間が
分る私の携帯を持たせ、「何時何分までに帰ってきてね」と言っています。
それからは、自分で帰って来てくれるようになったので大助かりです。


さてさて、今回のESSEの目玉は朝5分!つけるだけおかず。夕食の準備は
短時間で済ませたいですよね。朝、肉や魚を調味液につけておけば、夜は
炒めたり、蒸したりするだけ。仕事を持つ主婦には有難いです。
そして狭くても快適なリビングの作り方では達人たちがテクニックとルールを
紹介しています。まるでカフェのような佇まいには見習うところがたくさん
ありそうです。

手抜きに見えない!秋の行楽弁当は様々なテクニックで時短。でも手抜きに
見えない。これならママの負担も減って、当日の予定もバッチリです。

個人的に気になったのは「関西の主婦オカネーゼたちのすごい貯めワザ!」です。
皆さん共通して言えるのは楽しんでやっているということ、目標があって継続
されているということでしょうか。単にケチケチやっているのではなく、使う
ときは出し惜しみをせずに使うというメリハリがあって、潔さみたいなものを
感じました。


お金にまつわる話では今、こんな本を読んでいます↓

西原理恵子さんのお話です。もうどうしようもなく八方ふさがりな境遇で
どん底を味わいながらも明るいんですよね。これだけのことを体験されたら、
相当なダメージだと思うのですが。西原さんの客観的な視線と家族との
思い出、土佐という土地柄なのでしょうか?暗いって思わせないんですよね。
西原さんの心の温度が伝わってくるような本。お金の本なのに泣けます。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mihoppe

Author:mihoppe
7才の娘、11才の息子を持つ母です。
ハンドメイド好き。プラス思考で生きるをモットーに介護・仕事・子育てに奮闘中です。

最近の記事

お気に入り

FC2カウンター