mihoppeの日々のこと

くらしの中でのちょっとした出来事や手仕事のこと、身近で起こった不思議なことをつづっています。

Entries

シートに残るもの


この前、「認知症は病気なのか?」で霊障の話をしましたが、今日はこんなことがありました。
義母の付き添いで通院に付いて行きました。私はペーパーなので、移動は専らタクシーです。帰宅するためタクシーを呼びました。タクシーが到着して、ドアが開きシートに座らせようとしたところ、義母が突然怒鳴り出し、「うるさい!うるさい!」と私の腕を叩こうとし始めました。私は、また入られたか~と思いながらも、なんとか義母を座らせると、自分も乗込みました。そのうち義母が高笑いを始め、笑いが止まりません。←よくある認知症の症状。タクシーの運転手さん、ギョッとしてましたよ。速攻除霊すると、笑いが止まりました´д` ;ハァ~。
あるんですよ~、こういうの時々。前の人が座ったときに、その人に憑いてる存在の一分が残るんでしょうね~。
仕事場が接骨院なので、ベッドを片付けしていると具合が悪くなってしまうことがあります。同じです^_^;お塩のスプレーを使ったり、フーチでプラスエネルギーに変えたりします。主人が言っていましたが、リセッシュを吹き付けても、除霊できるようです。何が効いているのか分かりませんが、霊が嫌う成分が入っているようです。
他の方でも消臭スプレーで除霊出来ると書いておられる方がいらっしゃるのであながち間違ってはいないようです。

帰省

GW中、更新できませんでしたが、30日に帰省しました。

父が手入れしているオオデマリ。綺麗に咲いていました。ラベンダーはまだでしたが、モッコウバラやブルベリーなんかも咲いていましたよ。

今回は色々気になることがありました。
というのも、父が闘病生活に入り元気が無くなっているんじゃないかと思っていたからです。
末期で手術できないという、なんだかドラマでも見ているような展開に、「自分のカラダがSOS発してるのに気づかない。最終的には自己責任だよね~」と冷静に言っている自分に、ああ、冷たいな~と思ったりもしていました。
そんな事言いながらも、出来るだけの対策しましたし先々のことをそんなに心配していないんですけどね。

で、帰ってみると意外と元気な父で安心しました。返って入院できなくて良かったというのが本音。好きな庭いじりしてるし、自転車で毎日20キロ走って鍛えていたから体力もそれなりにあります。家で生活出来て良かったんじゃないかと思っています。(入院すると一気に筋肉が落ちるので2週間も寝たきりだと若い人でも歩くのが大変になってしまいますもん。)

父は、孫がある程度大きくなるまで長生きしたいと言っていました。こういう気持ちがあるなら安心です。怖いのは諦めてしまうことですから。
父が頑張るなら、出来る限りのサポートはしていきたいと思っています。

今回の帰省の目的は他にもあって墓参りと土地の神様のお参りです。土地の神様は地のパワーを頂くので大事にしないといけません。あと「神社の神様」という記事にも書いている宗◯神社へのお参りです。この三箇所を父母と一緒に歩いて回りました。結構な距離でしたけど、田植えの時期で田んぼでザリガニを見たりして子供が楽しんでました。
ずーっと気になっていた宗◯神社は神気が戻っていて、荒れ果てていた境内もこぎれいになっていて安心しました^ ^

三箇所を回って、もう直ぐ実家というところ、運動場があるんですが、そこで少年野球のチームが練習をしていました。で、付き添いできているお母さん達の一団があり、その前を通り過ぎようとしたとき、お腹全面に物凄い衝撃が走りました。殴られたか?位痛い!一瞬何が起こったかと思いましたが、多分邪気とか念とかそういうやつですね。直ぐ分かりました。
後で主人に聞いたら野球のお母さん達が、どこの家族だって感じで睨んでたよって。
うわーーー、怖すぎる。
のん気に散歩なんかしていて、私達はこんなに野球の付き添いで頑張っているのに!!っていうのをぶつけてきたんでしょうね~。これ、エゴですよ。

昔は私もそっち側にいたから分からなくないけど、気づかなきゃいけません。感謝の心が足りないということに。
ここに気づけば、もっと楽に幸せに生きることができますよ^ ^
今日も生かして頂いてありがとうございます。


認知症は病気なのか?

プランターのイチゴが花盛りです。
虫にやられる率が高くなるので、肥料をやらないで育てています。


今日も近所でウグイスが鳴いています。
先日もウグイスが鳴いていたんですが、近所のお兄さん、音楽聞いてて聞こえない。もったいないです。もっと自然の音に耳を傾ければいいのに。テレビとかスマホの普及で日本人の感覚がどんどん鈍くなっているような気がします。

そのうち書こうと思いつつ、後回しになっていたことをちょっとだけの書こうと思います。
認知症と聞くと病気だと思いがちですが、実は病気ではない場合があります。
実際、義母の介護をしたり、仕事でお年寄りに接する機会が多いので、現場でそう感じています。
認知症の症状が出ているときのその人の様子をつぶさに観察していると、必ず何か別の者が入っています。
目が力を失っていて、トロンとしている。本人の意思と関係ない言動をしているんじゃないかと思うようなこともあります。
更に、日によってまるで別人のような...。これは一体何なのか?

義母は認知症というわけではないのですが、数年前にケガで硬膜下血腫や前頭葉の損傷などで、いつ認知症になってもおかしくない状態です。実際、時々おかしくなります。

先日、義母のトイレ介助をしていたのですが、トイレから立ち上がれない。意識も朦朧として身体に力が入りません。そして言動もおかしい。常備しているお塩のスプレーを吹き付けたら、ゾッとするような唸り声を上げ始めました。間違いなく何か入っています。
除霊・浄霊すると唸り声がおさまりました。目に力が戻り意識がはっきりしてきました。

義母が急に怒って怒鳴りだしたり、介護拒否がある時の顔はまるで別人です。

それが、除霊・浄霊すると数分と経たないのに落ち着くのです。そして意識がはっきりしてきます。
信じられないかもしれませんがそういうことがあるんです。

皆、西洋医学だけに頼ろうとしていますけど、それでは根本的な解決にはつながらないかもしれません。もっと皆さんに他にも原因があることを知っていただければと思い、身近にあった事を書いてみました^_^;

冷静と情熱のあいだ

昨日は銀座で勉強会があったので行ってきました。

帰りに高知のアンテナショップに寄ってお土産を^ ^四万十川ののりの佃煮とミレービスケットも←ウチの子供たち大好きなんです。

昨日は興味深いお話を聞くことができました。主人のお師匠さんが体験談をお話してくださったのですが、突然の耳鳴りや鼻水
、くしゃみは霊障の場合があるみたいです。主人は柔道整復師で、患者さんを施術していると鼻水が止まらなくなってしまうことがあるみたいで、ずっと動物アレルギーのせいだと思い込んでいたんです。謎が解けました。除霊すれば、鼻水止まりますね~。そう考えると、花粉症も霊障かもと思えてくる^_^;実際、今年から私の花粉症の症状無くなりましたからね。色々なことが関係しているのかもしれませんね。

そうそう、何日か前に頭に「冷静と情熱のあいだ」のイメージが下りてきたんです。(補足すると、江國さんと辻さんによる交互連載小説で当時ベストセラーになり、2001年には映画化もされました。)
何で今更?映画を観ろということなのかな~と思っていました。
で、その後すっかり忘れていました。さっき思い出して、ちょっと検索してみたら...。

過去を甦らせるのではなく
未来に期待するだけではなく
現在を響かせなければならない

という名言が出てきました。
神様、これを言いたかったのね^_^;
最近、ぐうたらしていた私に喝をいれたかったのかしら^_^;
頑張りま~す❗️

でも、この言葉私だけでなく、あらゆる人へのメッセージと言ってもおかしくないですよね。今を響かせなければ、未来を輝かせられないわけですもんね^ ^


介護のこと


新緑の季節ですね。

昨日から義母がショートステイでお泊りに行っています。
今まで、介護の話はあまり書かないようにしていましたが、自分の経験が誰かの役にたてばと思い、書くことにしました。
介護は正直、きれい事だけでは語れない部分が多く、介護のお仕事に就かれている方々はとても大変だと思います。そして、そんな方々をとても尊敬しています。

私自身、今義母を介護して思うことは、家の中のことなので、外には見えない苦労が結構あります。以前は、それを外の人にも理解してもらいたいがために、話したりもしていました。でもそれって、自分がやっていることに納得していないからなんですよね。自分自身を納得させて折り合いをつけたいがためにやっていることなんです。所謂、愚痴みたいなもんです。この点でもう、マイナス思考^_^;

誰のための介護を、なんのためにやっているのか?これを理解して自分自身が納得しないといけません。

介護を始めたばかりの頃は失敗も多く、自分を責めたり落ち込んだりもしていました。毎日毎日、焦るばかり。トイレのタイミングをつかみきれず、処理で手間取ったり。介護施設に行く時間は決まっているのに、母の食事が進まず、片付けようとしてケンカになったり。
経験が無いので、何もかもが予測不能でした。今は、予測、実践、結果、改善というサイクルでより良い方向へ転換しているので、無駄が無くなり心に余裕ができました。

私は介護をするのは家族が幸せに過ごすためのものだと思っています。そして、仏教的に言うなら、現世における徳積み(修行)ですね。徳積みすることはご先祖供養にもつながります。
こう考えたら、すごく楽になりました。

そして介護は100パーセントの力で行わないこと。多少余力を残しておかないと、長期戦に耐え切れず、自分自身を疲弊させてしまいます。自分自身を大切にしないと、誰かに優しくなんてできません。まずは自分自身を大切にすることが重要です。


庭の手入れをしていたら、金柑の下に見つけました。ホウチャクソウですね^ ^

ご案内

プロフィール

mihoppe

Author:mihoppe
7才の娘、11才の息子を持つ母です。
ハンドメイド好き。プラス思考で生きるをモットーに介護・仕事・子育てに奮闘中です。

最近の記事

お気に入り

FC2カウンター